キントーのカフェプレスを買ってみた。ドリップ式との違いとは?

cafepress梱包時お勧め雑貨

ちょっと新聞にカフェプレスの記事があったので、試しに買ってみました。

コーヒー好きにはかなり興味をそそるであろう、キントーのカフェプレス。

ドリップ式とは違う飲み方ということで、なにやら美味しそうだぞ。

いざ、実食ならぬ、実飲!!

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カフェプレスとは?

そもそも、カフェプレスとは何ぞや?という方もいらっしゃるでしょう。

私もまったく知りませんでした。有名なのかさえもわかってません。

有名なんであろうというテイで入りましたが、まぁ、とりあえず、カフェプレスの説明入ります。

カフェプレスとは、キントー社が販売するマグのことで、手軽にフレンチプレス式でのコーヒーを飲むことができます。

フレンチプレスなんて、コーヒー専門店でない限り、喫茶店でも中々飲むことができないと思います。それが自宅やオフィスで飲めるんですからコーヒー好きにはたまらないでしょう。

ちなみにコーヒーは紙フィルターでドリップするより、豆の油分が抽出されるフレンチプレス式で入れた方がおいしいそうです。

カフェプレス
カフェプレス

  

使用方法

結構シンプルな使い方ですね。思っていたように簡単です。

  1. 挽いたコーヒー豆を入れる。10gくらい。
  2. マグ内側の線まで、お湯をいれる。
  3. 蓋をして、3分ほど蒸らす。
  4. 付属品のフィルターをゆっくり挿入。
  5. 下までたどり着いたらぎゅっと押す。
  6. 出来上がり。飲む。

箱の外側に書いてありますので、購入時に確認してみましょう。

使用方法
使用方法

  

パーツ

購入して届いたので、さっそく箱の中身を出してみました。

冒頭の写真のようにカフェプレスが出てきました。

分解すると3点に分かれます。

下の写真のようになります。

カフェプレス分解
カフェプレスのパーツ

実際に使ってみた

実際に使用してみました。

お湯をいれるとこんな感じです。

コーヒー豆粉を入れて熱湯イン
コーヒー豆粉を入れて熱湯イン

ん~…お湯を入れているにフワっと香るコーヒーはいいですね。もうこれで目が覚めます。

丁寧にいれていくとクリーミーな感じに泡が立ちますので舌触りがよくなります。

パーツでプレスして出来上がり!
パーツでプレスして出来上がり!

ここで、フィルターを押し込むときの注意です!!

泡を壊さないように、ゆっくり丁寧にプレスしていきます。

ここで激しく押すとコーヒー豆が上まであがり、一気に不味くなります。

早く飲みたい衝動にかられてもぐっと堪えましょう。

  

ドリップ式との違い

飲んでみて、ドリップ式とは違い、酸味が少ない気がしました。

また、説明に油分抽出とあるように、コーヒー自体にコクが出てます。

  

濃い、しっかりしたコーヒーが飲みたい方にはかなりお勧めです。

ただ、最大の弱点は、個人分なので数人分の量産ができないことです。

また、最後に飲む部分がどうしても少し粉っぽくなってしまうところでしょうか。

ドリップ方式はしっかりフィルターで止めてくれますが、プレスのフィルターでは細かい粒子レベルのものは通してしまうようです。

でも蒸らしている時にある程度沈殿しているので、苦手でも前半は十分に美味しく飲めます。

  

お勧め度

個人的には、コーヒー好きにはかなりお勧めです。

ドリップ式とはまったく違うコク、そして風味を体感できます。

ドリップ方式の飲み方に飽きているなんて方、もう購入するしかありません。

私はもうオフィスに持って行き愛用する気満々です。

  

購入方法

キントー社のオンラインショップで購入可能です。

また、アマゾンでも買えます。

色のバリエーション豊富です。全部で5色。私はコーヒー色を購入しました。

価格は1,620円と少々高め??

KINTO (キントー) マグ カフェプレス ブラウン 22729

  

Wowma!ふるさと納税

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました