(転職/面接)各ステージで聞かれる質問例とすべき事前準備

転職・就職活動

書類審査が通り、いよいよ人事との面接。

転職活動での面接が初めての方は、「面接って就活以来だなー」なんて思われてるのではないでしょうか。

転職活動での面接は聞かれる内容が変わってきます。

また、一次面接、二次面接、最終面接(役員面接)と各ステージでの意味合い(確認事項)も変わってきますのでご留意ください。

そんな転職での面接について、私の実体験を踏まえ説明したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職時の各種面接の意味合いとは

一般的な面接の流れとしては、

  1. 一次面接
  2. 二次面接
  3. 最終面接(役員面接)
  4. (オファー面談)

というのがセオリーでしょうか。

中には、二次面接を設けていない企業もあります。(一次面接と最終面接のみ)
この場合、人事の方と実際に入社した際の部署の上司にあたる方が面接官になっているケースがあります。

では実際どんな設定で面接されるのか。

 

■一次面接

一般的には、人事の方がされる面接で、人柄などの内面が最重視されるステージです。

どんな性格をしているか、健康面や家庭状況、現職(前会社)での就業状況、どんな考え方をする人か、答え方をする人か、だったりを聞かれます。

面接官は総務など、人事の方です。

 

■二次面接

ここでは、企業が募集している人材とあなたのスキルがマッチしているかを具体的に確認されます。

要するに、実務面で即戦力となる方かを見られます。

面接官は募集している部署のマネージャーの方、もしくは実務の方が加わります。

 

■最終面接(役員面接)

ここでは、入社する意思がどれだけあるのかを中心に見られます。

企業の志望順位、会社の目指すビジョンを理解しているか、入社してそのビジョンに賛同して業務にあたってくれるかなどですかね。熱意が大事です。

正直、いろいろな見方をされるケースがあります。個人的な体験ですと、受けた会社それぞれで聞かれる内容は違いました。

一次面接での質問例

  • 自己紹介は
  • 転職理由は
  • 志望動機は
  • なぜ、この職種(業界)を希望されたか
  • あなたの長所(強み)と短所(弱み)は
  • 転勤可能か
  • 現在の年収はどれくらいか
  • いつから出社可能か
  • 家族構成は

上記リストはわりとオーソドックスに聞かれる内容です。

自己紹介、転職理由、志望動機は必ずと言っていいほど聞かれる内容です。ここは完璧に答えられるようにしておきましょう。

自己紹介は、職務経歴を3分ほどで説明できるようにしておきましょう。

 

臨む姿勢として、人柄を見るところなので、笑顔でハキハキと明るく答えましょう。

どんな企業でも、明るい人や前向きな姿勢を示す人を好みます。

普段、忙殺されてしまっている方は特に、顔に疲れが出やすいので面接のときは意識しておきましょう!

二次面接での質問例

現職(前職)での実務の部分を聞かれますので…

  • どんな仕事が得意か
  • 成功体験、失敗体験
  • 将来的にどのようにスキルアップしていきたいか
  • 入社後、何をしたいか
  • 即戦力としてアピールできるスキルはあるか

ちなみにですが、自己紹介、転職理由、志望動機はここでも聞かれるケースがありますので油断しないように。というか、面接では必ず聞かれると思っておいてください。

最終面接での質問例

ここでは、社長含め、役員クラスの方々が面接官として来られます。

ちまたでは、「最終の意思決定聞かれるぐらいだから受かったも同然だよ。」と囁かれてますが、鵜呑みにしたら落ちます、マジで。

それは中小企業の極一部がそのイメージであり、大手やしっかりした中小企業には通用しません。

転職市場は売り手市場と強気になっている方も見られますが、大きな勘違いです。

逆の発想だと、売り手市場なので、人気の企業は応募者もそれなりにいると思ってください。企業側もより良い人材を手に入れるため、手を抜きませんよ。

特に年収をあげたいと思うなら尚更です。

むしろ、そういう甘い考えを持っている人を、良い企業は振るい落とします。ご注意を。

 

脱線しました。概略すると、質問は様々です。

そして、一次、二次で聞かれた質問事項の深堀をしてきます。矛盾点がなかったか、あるいは回答で説明不足があるところは再度質問されますのでご準備を。

ほかに聞かれる可能性のある質問事項を下記しておきます。

  • 弊社のビジョン(ありたい姿)や企業理念をどう思うか
  • 志望度はどのくらいか
  • 弊社を志望されてますが、ほかの同業他社は受けましたか
  • (上記質問を経た後で)なぜ弊社なのですか

あとは一次面接、二次面接での質問重複があります。役員視点で聞かれるので深堀されることがあるでしょう。

 

すべき事前準備とは

絶対に準備としてやってほしいのは、

質問事項をワードに書き連ね、それに対する回答を記載してコピー。

あとはひたすら回答の暗記と脳内面接(イメージトレーニング)です。

これやるだけで、面接での受け答えがまったく違ってきます。

面接が楽しくなってくるぐらいです。

もう一つ重要なものが。

各面接ステージで質問事項を2~3つは用意してください。

これしないと、面接官は一気にがっかりします。絶対準備すること。

【質問例】

○一次面接

・実際に社員の方とお会いしてお話する機会をいただくことは可能ですか?
 ⇒どんな企業であるのか実際に確認したい=行動力アピール。
  あとは、ブラックかの確認は重要です(これは面接官にいっちゃNG。笑)。

・御社の社員として、最重視すべき心がけ(意識)は何ですか?

・私と同年代の方で、活躍されている方はどんな方ですか?

などでしょうか。

○二次面接

・一日の業務の流れはどのようになっていますか

・(ご縁がありましたら=内定いただきましたら)入社してからの業務は、具体的にはどのようなことがありますか

・入社までに準備しておくべきことはございますか

などですかね。

○最終面接

・中期計画や事業計画の達成において、課題は何でしょうか。配属部署や私に課せられるミッションはどのようになりますか。差し支えない程度で構いませんので、教えていただけますか。

ここは正直難しいところです。

配属先の部門長があれば、その人に対し、優秀な人材の定義を聞いてみるのも手ですね。

すべての企業側への質問に対し、「なぜその質問をしたのか」も必ず準備してくださいね。

「どこかから引用しただけだな、コイツ。」と思われますよ。

しっかり、自分の言葉で聞くようにしましょう。

 

余談

私の経験でおこったことなのですが

一次面接で内定もらったことがあります。笑

そこそこ大きめの中小企業(子会社系)でしたが…

聞くと、書類審査の時点でほぼほぼ内定だったりとか。。。

お伝えしたいのは、自慢ではなく、

募集人材と所持スキルがマッチ=即戦力認定されるとこういうミラクルも起こるんです。

あとは、他社を平行して受けてる場合でしたが

1社は次に最終面接、もう1社は二次面接のタイミングでしたが、最終面接合格をもう1社に伝えたら、二次面接後に内定もらいました。

そして、オークション開始(明言は避けます。笑)。

一次や二次で役員が急遽参加するケースは、採用意欲大有りですよ。

如何に、自分は企業にとってこういうメリットがあると伝えられるかが重要です。

この商品(あなた)はどうやったら顧客(企業)に 買ってもらえるのか。

その視点で転職活動をしてみてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました