メリットとデメリットの話|Win-Winの関係

メリットとデメリットの話|Win-Winの関係 ビジネス

どうも まて です!

人は「期待」を持つと、持てば持つだけ裏切られた時の反動が強くでます。

かと言って、「期待してないから」という態度をとるなら、ドライな人間と見られる。

悩み、こころに傷を負いやすい人はこの点での葛藤で苦しむ方が多いのではないでしょうか。

  

恐ろしいことに、相手に伝えもせず、この期待は勝手に生まれることがある。

で、当然相手もわかっていないから、勝手に嫌な気分になる。

相手もよくわからないから不快になる。お互いがお互いに不満を持つ。

意外にも、このからくりに気づいていない人が多い。

なんか、勿体無いですよね。

  

さて今回はメリット、デメリット、そしてそれが構築するWin-Winの関係について私なりの考えを書きなぐりたいと思います。

この根本的な思考回路を意識すると、人間関係がわかりやすい構造になったり、変に悩まないで済むと思ってます。

また、詐欺なども見抜けるようになります。

※理解できている方にはつまらない内容かも知れませんので、悪しからず。

  

人は単純なことを難しく考える傾向にあるものと、私は理解しております。

この部分を自分でコントロールすることで相手の期待を感じることができ、それに応えることで相互利益(Win-Winの関係)に繋がります。

??どういうこと??

そのメカニズムについて、以下、紐解いていきたいと思います。

  

  

潜在的なメリット・デメリットの存在

メリット・デメリットの話をすると、よくこういう言葉を聞きます。

「親友にはメリット・デメリットなんて思わない!」

果たしてそうでしょうか。

  

「この人と仲良くしたい。」

すでにこの部分で相手に求める「メリット」の要素なんです。

なぜ、あなたはその人と仲良くしたいのですか?

きっと、その人に求めるメリットがあなたにあるから。

「一緒に居て楽だから」

「一緒にいて楽しいから」

これ、立派なあなたにとってのメリットなんですよね。

ただ、この気持ちを文章化したくないから。単純にしたくないから。

そういう想いで否定的になるだけなんですよ。

  

では、デメリットとは何なのか。

この親友関係で例えると、ほとんどのケース※、メリットの逆がそれに値します。
※優先順位として上位にあがる部分として

つまり、一緒にいないことで生まれるあなたに生じる不利益です。

一緒にいて楽しいのであれば、その逆は「楽しくない。」=「ストレスがたまる。」

こういったことが当てはまるのではないでしょうか。

また、単純に逆ではない項目もあります。

例えば、「この人と付き合うと私の嫌いなあの人との関係も持たないといけない。」といったことがデメリットに値すると考えます。

このメリットとデメリットは上手いバランスの上で計算され、最終的に付き合う・付き合わないが判断されます。しかも無意識に。面白いですよね。

  

 

  

表面的な言葉に囚われるな

ということで、前項の通り、メリットとデメリットについて具体性が浮き彫りになりました。

たとえ、親友関係であっても、しっかりとメリットで繋がれています。

親友関係は、きっとメリットの方が強く、そして多い環境で発生しているものと考えます。

そして、メリットを失いたくない(デメリット)からその関係を続けるといった側面も強く出ます。

お互いの依存関係がしっかりと構築されてますね。

この強い関係性が親友という言葉を生んでいるのでしょう。

 

さて、表面的な言葉と書きましたが、単純な言葉遊びを鵜呑みにしないようにということです。

つまり、深層心理の部分を意識する。

例えば、「すごく簡単にお金が稼げます!紹介します!実際に私もこれだけ稼げました!」

この時点ですごく怪しいのであまり鵜呑みにする方もいないと思いますが。笑

  

私の場合は、すぐに確認します。

「あなたのメリットはなんですか?」

そして、メカニズムを考えます。

こういった話の大抵はメリットしか話さない。デメリットは隠す。

  

しかし、中には本当にその通りな話も存在します。

かなり稀かも知れませんが、そのケースは相互利益に繋がる話です。

そう、これがWin-Winの関係です。

例えば、同じ儲かる話でも、紹介者には紹介料が支払われ、紹介されたものはしっかりと利益を上げることができるケース。

紹介者は紹介料というメリット、被紹介者は紹介内容での利益がメリット。

メリット同士で繋がれる、お互いが勝利する、Win-Winですね。

ただ、こういう旨い話って早々転がってないんですよね。

嫌な思いをしたくなければ、紹介者の真相とあなたのデメリットを追及するようにしましょう。

悪い話にはきっと「裏」があります。

  

ただ、捉えようによっては、あなたにとってそれはデメリットではないかも。

みんながデメリットだということもあなたにとってはメリットのケースも少なくありません。

「表面的な言葉」に踊らされないでくださいね。逆もありますよ!

みんながメリットということも、あなたにとってはデメリット。十分に考えられます。

判断基準はあなたです。

  

  

人はメリットを求めて人と付き合う

人間関係って、すごく面倒なことが多いですよね。

でも、単純に関係性をあらかじめ整理しておけば、そこまで悩むこともないと思います。

単純でいいじゃないですか。

「一緒にいて楽しいから。」

それで十分ですよ。

あとは過度な期待をしないこと。

過度な期待とは、あなたが相手に勝手に求めたメリットです。

人はメリットを求めて、人と付き合っています。

その関係がなければ、ただの奴隷か馬鹿です。

そして、友人関係やコミュニティーでの陰口などで人を非難するのは、非難される人からのメリットを感じていないから。

でもこれって、避難する人の非難される人への過度な期待であり、想いの一方通行なんですよね。

 

逆に、心を痛めてまで付き合う人にメリットはありますか?

それは、デメリットの方が強いです。その関係、今すぐ止めましょう。

そういう人ほど、表面的な付き合いでOKですよ。

 

それでもそういう人たちと関係性を求めるのであれば、この過度な期待を理解し、応えることで良くなるとは思います。

ただ、それって疲れません?? 

  

最後に

最後まで私の個人見解をご一読いただき、ありがとうございました。

全てではないにしろ、共感していただける部分はあったのではないでしょうか。

 

結局、関係をメリット・デメリットで考えると凄く機械的なイメージで冷たく思うかもしれませんが、根本的な考え方はこれで説明つくんですよね。

  

もっと単純に考えて行動してもいいと思います。

他人を気遣うとその反動は少なからず自分に返ってきます。

当然、自分勝手に生きろというわけではありません。

  

節度を持っていれば、すごい良いバランスで世の中を生きることができるという話です。

  

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました