効率的な転職活動の始め方_これ見れば十分

転職・就職活動

現時点、世の中の転職市場は売り手市場であるという情報が行き交ってますね。

そんな私もその流れに乗った一人であり、実際に転職を成功させました。

成功といっても、何をもって成功というのか…年収をアップさせたり、自分の本来やりたいことが叶ったりと、人それぞれだと思います。私は年収UPでした。

 

でも実際に今から転職活動を始める方にとっては、どうやってはじめればいいかわかりませんし、まわりの人に聞くというのもとても聞きづらい内容ですよね。

ざっくり「転職サイトに登録」ぐらいは分かるにしても、それから先どうすればいいの?なんて、私も実際に思いました。

大丈夫です。

この記事を参考にしていただければ、転職活動を行う土台は確実に作れますし、流れも分かります。

  

ちなみにですが、私は最終的に年収を200万円ほど上げることができました。

そのノウハウは他の記事にも書いてありますので、とりあえずブックマークしておいてください。

 

この記事では、私が体験した転職の流れについて、転職活動の始め方を中心にご紹介していきます。

  

転職活動の流れについて

一般的に、転職するには以下のような手順を踏むケースが多いです。

  1. 転職サイトに登録
  2. 担当者、またはエージェントについてもらう
  3. 企業への選考エントリー
  4. 選考
    1. 書類審査
    2. SPI試験、性格診断など
    3. 一次面接
    4. (二次面接、三次面接)
    5. 最終面接
    6. 内定

選考からは就職活動の時とほとんど一緒です。

  

就活の時と違ったなと思う点は、
・担当者、エージェントと呼ばれるサポーターがついてくれる(今は違う?)
 ⇒エントリー、文章添削、面接アドバイスなど様々な点でサポートしてくれます。
・「待ち」の活動ができる
 ⇒所謂、スカウト待ち。持っているスキルや経験で声をかけて貰えます。
  条件が合うまで続けられます。
・焦りが就活時よりもない
 ⇒別に転職できなくても、今の職場にいるのが長引くだけです。
  職を失うわけではありません。
・職務経歴書を作成する
 ⇒今までの職歴を詳しく記載する書類です。これを元に企業側が募集人材としてのマッチングを図ります。これ、内定をもらうためにはかなり重要なポイントです。
・面接が具体的な仕事の話
 ⇒どんな経験、スキルを持っているかをメインに見られます。
  =ポテンシャルよりも即戦力の面
   ※第二新卒枠はポテンシャル面が強いです。

  

思いつくだけ書いてみました。他にも思い出したら追記していきます。

  

転職サイトへの登録

企業から直接スカウトされていらっしゃる方もいるかとは思いますが、そういうケースは極まれなんじゃないかなと思います。

私の場合を以下記載します。

オーソドックスに、まずは色々とある転職サイトに登録してみました。

ただ、登録するまでには、よくわかっていなかったので、疑問や不安があり躊躇しました。
例えば、登録したら今の会社にバレたりしないか、今の職場で不利になることはないかとかですかね。

 

実際に勇気をもってやってみたら、意外と大丈夫でした!

そもそも、個人情報になりますので、駄目でしょ。

仮に、今働いている企業が転職サイトを利用した募集をかけていても、会社及び関連会社にわからないように設定できます。

大抵は、あなたの名前は登録番号として企業に開示されるので、まずバレることはありません。

というか、心配性過ぎたなと今では思ってます…(^^ゞ

  

転職ではデメリットの面が話題になりますが、それはほとんどが転職後の話です。
例えば、職場環境変化面や年収の部分ですかね。転職前は特にリスクはないと考えます。

加えて、転職サイトに登録したからといって必ず転職をするわけではありません。
何が言いたいかというと、「見学」だけでも全く問題ないです。

  
また、プロ(応援サイト企業の担当者、エージェントなど)にキャリア相談だけでもできるので、転職する気がない人でも使ってみるべきだと個人的に思います。

現勤め先だけではなく、他の企業を知ることも視野を広げるチャンスです。

  

私の場合は、自分の市場価値はどのくらいなんだろう?というところから始まりました。

今、一生懸命働いているのに評価されてない

今の自分のスキルだったら、もっと給料貰えるんじゃないかなぁ?なんて思ったら、実践する価値大ありです!!

きっと、モチベーションのあがる数字が出てくるのではないかと。

  

 ちなみにですが、、、

「自分の市場価値を確認してみたい!」

そう思われた方は、別記事でご紹介しますね。

 

さて、少し脱線してしまいましたが…基本、転職サイトへの登録は自由にでき、しかも無料のところが多いです。企業によっては、より手厚いフォローをしてもらうなどオプション制になっていたりで有料のケースがあります。

でも無料コースでも全然問題ないです。

サイトによっては特典で有料オプションを期限付きでプレゼントしてくれるところもあります。

有名なのはビズリーチですね。

他の記事で書きましたが、ビズリーチは登録するのに、条件が必要です。

  

転職サイトは複数登録可能(というか、自由)ですので、自分にあった転職応援サイトに登録しましょう。
以下、私の感触です。参考にしてみてください。

転職サイトの規模大手中小
メリット・取り扱う案件が多い
・大手企業に強い
・フォローが手厚い
・中小企業に強い
・地方や属性(職種)に強い
デメリット・担当者のフォローが弱い
・案内連絡が多すぎ
・数が多いせいか、マッチする提案企業が的外れなケース多い
・取り扱う案件が少ない

  

もうお気づきかも知れませんが、大手も中小も両方登録するやり方がベストです。

中小系で手厚いフォローを受けながら、大手で案件探しっていうのがセオリーですかね。

登録する企業についてですが、私の印象としては、どこも変わらないですね。
流れは一緒なので。

  

登録については、個人情報や属性、希望年収などの入力なので、そんなに時間もかかりません。

本当に時間をかけるべきなのは、職務経歴書の部分です。

これは別の記事に記載してます。

  

以下、ご参考までに転職サイトを記載しておきます。

どこも特徴がありますので、あなたに見合ったサイトに登録することをおすすめします。

DMの量が増えるというデメリットがありますが、合わなければ退会すればいいかと思います。

今、それだけ世の中には募集求人がごろごろ転がってます。(2019年時点)

(参考)転職サイト 一例

【おすすめ!大手系】

duda

ここはCMなどでもかなり有名ですので、やはり安定性・信頼性共にばっちりです。

募集案内も頻繁に更新されるので、あなたにあった希望条件を探しやすいです。

ここは有無を言わず、まず登録しましょう。

 

【おすすめ!中小系】

色々挙げましたが、職種属性や第二新卒系など専門性に特化したものがあります。

上記大手では扱わないコアな案件がありますので、以下のいずれか1社は登録しておきましょう。

  

・大手からベンチャー企業まであなたにオファーが届くスカウト型就活サイト【offerbox】

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

↓ 第二新卒特化! ↓

・第二新卒の就職には、『いい就職.com』がいいみたいです!

アイデムスマートエージェント

第二新卒AGENTneo


登録後は担当者と電話か面談を!

登録できたら、恐らく、登録した転職サイトの担当者から電話がかかってくるか、メールの案内がくると思います。

その際に色々と抱えてる悩みや転職したいかどうか、自分の考えを伝える機会があります。

すぐに電話での相談か、面談での相談を実施しましょう。

希望条件からあなたにマッチしているだろう案件をすぐに紹介してくれます。

…これ実は担当者のセンスによって、まちまちなんです…

若い子がついちゃうと…大丈夫かな!?って思っちゃいます。。。

 

もちろん、ここでは採用面接だったりしないので、現職の機密情報以外はありのままを話しても大丈夫です(機密情報話してもそこは自己責任で!笑)。

  

願わくば、エージェントについてもらうべし!

個人的に転職活動にあたってとても励みになったのは、転職サイトの担当者よりもエージェントについてもらうことでした。

エージェントとは、簡単にいうと転職するための専門サポーターですね。

下手な転職サイトの担当者よりも信頼性高いです。

プロですし、日ごろも数々の転職者をサポートしていますので。

 

詳細は別の記事を見てください。

 

上記したように、転職サイトはたくさんあります。もし、最初の登録で担当者と相性が合わなかったり使い勝手が悪かったりしたら色々と試してみたほうがいいです。

じゃあどうやったら良質なエージェントさんと繋がれるのか…

それは私がお勧めする「待ちの転職活動」です。

職務経歴書を上手く書くことで、「この人を○○企業に紹介したい!」とエージェントがあなたをスカウトしてくれます。

 

職務経歴書が凄く重要

転職サイトへの登録が済んだら、自分のことをアピールするための書類を作成していきます。 職務経歴書や履歴書と呼ばれるものです。

これは転職サイトの担当者からも指示を受けるでしょう。

 

履歴書には就活で馴染みがあると思いますが、職務経歴書は自身の今までの職務について詳しく記載するものです。

フォーマットはサイトで登録しダウンロードや印刷ができたりするケースや、エージェントからエクセルやワードで貰えました。

  

上述したように、個人の体感として、、、

職務経歴書の書き方で、スカウトされる効率が断然違ってきます!

企業はこの書類を見て、即戦力か判断し、マッチすればスカウトメール=ラブレターを送ってくれます。

また、エージェントがここに紹介したい!と思ったら、エージェントからラブレターが来ます。

  

これ狙いで転職活動すると内定率がぐんとアップします。
※もちろん、最初からこの企業へ行きたいと強く思う方はそれはそれで行動すべきです。

 

最後に

エージェントについてもらったら、あとは具体的に活動するのみでした。

正直、スカウトメールをもらうことが嬉しくて、転職活動はすごく楽しかったです。

面接も、始めは緊張しましたが、慣れればこちらも楽しくなってきます。

本当に企業とマッチすると、年収も考慮してくれますし、企業によっては1次面接で内定もらったこともありました。

 

  

転職活動自体は特にリスクも少ないですし、そう難しくもありません。

そして、転職する気がなくても、市場体験は自由にできます。

もし、興味があれば、実際に体験してみてはいかがでしょうか。

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました